大量の汗が出てしまう多汗症の治療法

多汗症とは、脇の下や手のひら、背中などに大量の汗をかく症状で、多くの人が悩まされています。発汗量や場所は個人差があります。多汗症が原因で生活の質が下がるという人は、適切な治療を受けて症状を軽減する必要が生じることもあります。

時と場合を選ばずに大量の汗をかいてしまう状態だと、自分にとっても不便ですし、周囲の目も気になります。例えばソックスなどが足からの汗で濡れてしまうと、絞ることができるほどだと言われています。運動量や環境だけでなく、メンタル面が汗のかく量を左右することもあるので、不安による汗の増加も考えられます。美容皮膚科や、皮膚科では、多汗症の治療を受けることが可能です。個々人の体質や症状によって治療の方針は異なりますが、近年ではボトックス注射の効果が関心を集めています。脇の下や手のひらなど、汗の量が多い場所にボトックスを注射して、発汗の機能をとめます。半年ほどで元の状態に戻りますが、それまで汗を減らすことができます。手術によって多汗症の症状を改善するという方法もあり、胸腔鏡下交感神経節遮断術が行われています。この治療法は特に手のひらにはかなり有効ですが、ほかの部分から発汗が出てしまう代償性発汗という合併症があることで最近ではあまり推奨されていないようです。ボトックス注射や、手術のほか、薬を飲んだり、環境を変えるなどの対策の立て方がありますので、病院で診察をしてもらった上で治療の方向性を決定することが大事になります。どの医療機関に行くかで、多汗症の治療の仕方が変わることもありますので、複数のクリニックの診断を受けてみるという方法もあるでしょう。
醗酵黒豆 効果