強い匂いで誤魔化さないようにしています

昔から汗っかきで、特に夏場などはワキや背中にたくさんの汗をかきます。
当然汗の匂いは気になりますが、自分自身が香水や制汗スプレーの強い匂いが苦手なので、それらを使うことが出来ません。

ですので私は、匂いを別の香りで誤魔化したり隠したりするのではなく、匂いの元を取ることを第一に考えています。
汗をかいたらその都度、無香料や微香料の制汗シート……いわゆるボディシートを使い、汗を念入りに拭き取るようにしています。
ボディシートにも色々と種類がありますが、なるべく清涼感のあるもの、使うと体がひんやりするものを使い、汗を拭き取りつつ体を冷やすようにしています。

ボディシートは持ち運ぶのも簡単ですし、トイレなどでサッと体を拭くことが出来るのでとても重宝しています。
また、服に汗が移ると匂いまで移ってしまうので、ワキには汗を吸い取るパッドを付け、汗染みを防ぐようにもしています。
世の中には科学的な香りが苦手な人、香料にアレルギーを持っている人もいるので、なるべく強い匂いを避けた対策をとるようにしています。